JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

ムシモンオオクワガタ産卵セット製作後1ヶ月強の状況について【ムシモンブリード】

    この記事では、ムシモンオオクワガタの産卵セットを組みましてから1ヶ月強が経過した状況について記述させていただきます。

はじめに

    我が家ではムシモンオオクワガタを1ペアだけ飼育しておりまして、先日産卵セットを組んでみました。

    経過は過去記事のとおりとなります。

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

    先の記事でも、ケース側面から卵2個を確認したことについて追記し触れさせていただいたのですが、今のところ割り出しは実施していません。

確認結果

    先に結果から申し上げておきます。

 

    ・ ケース側面から卵2個確認

         ↓

    ・ 確認卵1個追加(計3個視認できる)

         ↓

    ・ 1個のみ孵化した模様

種親について

    ♂→30mm

    ♀→27mm

になります。

    2017年9月羽化の個体です。

    一応越冬した個体ということになります。

産卵セットについて

    詳細は過去記事のとおりとなりますが、簡単に概要に触れさせていただきます。

 

・ 容量1.7Lの容器を使用

月夜野きのこ園様のきのこマットを使用

・ マットは加水しながら固詰め

・ マット上部に鉢底ネットとゼリーを設置

・ 概ね20℃(ほぼ室内常温)で管理

セット後1ヶ月強の状況

    上記確認結果のとおりですが、2〜3週間で側面から卵3個が確認できておりました。

f:id:jbwideandshallow:20180511124313j:image

f:id:jbwideandshallow:20180511124330j:image

    最初に卵が確認できてから、2週間程度経過しまして、孵化した模様であることが確認できました。

    写真では全くわかりませんが、この1個が孵化した模様で、孵化したてのパプキンの幼虫なみに小さい幼虫が見えました。

f:id:jbwideandshallow:20180511124700j:image

    見ていても微動だにせず、生存しているのかどうかも判然としなかったのですが、後日確認したところ姿が見えなくなっていましたので、生きてはいるようです。

 

    ちなみにマットの状態については、相変わらず水分は多めですが、さほど劣化はしていないように見受けられます(これからするのでしょうが…)。

    ムシモン♀についてはたまに姿を見せるので生存しているようですが、未だ潜っていることがほとんどです。

f:id:jbwideandshallow:20180512103416j:image

今後について

    先の記事のとおりですが、ムシモンの産卵セットについては、本当にムシモン♀任せです。

    多く産むのか、実はこの3個しか産んでいないのか、いずれにしてもムシモン♀にお任せするところです。

 

    割り出して採卵しようかなとも検討しているのですが、今のところは幼虫の姿がしっかり見えるまで、2ヶ月程度が目安かなと考えています。

 

jbwideandshallow.hatenablog.com

jbwideandshallow.hatenablog.com

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。