JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

初心者の私が近所でカブトムシ・クワガタ採集したい件について【下見編-その2】

    この記事では、初心者の私が自宅から近場での採集ポイントを求めて候補地を下見し、さらに夜間暗くなってからの再度の下見を実施したことについて記述させていただきます。

    日頃採集をされていらっしゃる先輩方には取るに足らない記事になります。

    ご了承いただければ幸いです。

はじめに

    先日、私が自宅から程近い場所でのカブトムシ採集ポイントを求めていることについて記述させていただきました。

jbwideandshallow.hatenablog.com

    詳細はこの記事のとおりとなりますが、今回の採集では、

「自宅から近場で最低限のカブトムシだけを採集する」

ということを条件にしています。

    単にカブトムシやクワガタを採集するだけなら私が住んでいる市内でも山手の方へ行けば採集できますし、山手ならコンビニなんかでも灯火採集できたりします。

    しかしながら、私はどちらかというと海側に居住しています。

    ということで、今回1番の問題は、妻に対して、「子ども達を連れて1日掛かりで山に行ってカブクワを採集してくる」と言えば、「ただでさえ家にクワガタがいるのに、まだ捕まえに行くの?」ということになるに違いないということなのです。

    今回は、比較的ライトな採集に留めて、妻には良い面だけを見せまして、今後の採集の足掛かりにしたいのです。

前回発見したポイント

    先の記事のとおりですが、少しだけ触れさせていただきます。

    前回、妻にカブトムシ・クワガタ採集ポイントの下見に行っていることが知られないよう、リスクを冒しながら、しかし樹液ポイントをいくつか発見することができました。

    自宅から数分の神社付近にある、数本のクヌギの木です。

f:id:jbwideandshallow:20180727222442j:image
f:id:jbwideandshallow:20180727222445j:image

そして夜間の下見へ…

    そして、この下見に行った数日後、いくつかの用件が重なり、突如として奇跡的に夜間の1時間程度、私が自宅で1人になる瞬間がやってきました。

(これは一度夜間の様子を見に行くしかない…)

    早速自宅から車で数分の、下見したポイントがある場所に行ってみますと、当然ですがそこは真っ暗になり、しかし正に御誂え向きの状況となっていました。

    当然ライトも所持していたのですが、1つ問題がありました。

    以前の記事にも記述させていただきましたが、私はカブトムシ・クワガタムシが好きなくせに、基本的に虫は得意なわけではありません。

    ですから、ライトに虫が集まってくるのを恐れ、照らしたり消したりを素早く繰り返し速やかに下見していたポイントに向かいました。

そして樹液酒場へ…

    下見していたポイントに辿り着きますと、離れた場所からでもすぐに何か大きい甲虫がいることがわかりました。

f:id:jbwideandshallow:20180727223534j:image

    近付いてみますと、そこにはカブトムシ♂3頭がおりました。

f:id:jbwideandshallow:20180727223540j:image

    明るい時間帯に下見した時とは、状況がまったく違います。

f:id:jbwideandshallow:20180727223702j:image

    又、暗くて写真が撮れませんでしたが、同じ木の上の方にもう2頭程度、さらに隣の木にもいくらかいるようでした。

    これで今回目を付けたポイントにカブトムシがいることがわかりました。

今回は下見だけ…

    今回カブトムシがいることがわかりまして、(妻に対する)リスクを冒した甲斐がありました。

    カブトムシ♀やクワガタが見られなかったことが気掛かりですが、前回コクワガタがいましたので、まだ他の種が潜在している可能性があるかもしれません。

f:id:jbwideandshallow:20180727224234j:image

    あとは、いよいよ子どもを連れて採集に行きたいです(そもそもそのための下見でした)。

 

    なお、今回見つけたカブトムシは採集せず、下見だけとしました。

    前記画像の3頭の内、1番上のものは別に恥ずかしくないサイズに見えましたし、真ん中のものは茶色っぽい個体でしたが、手に取ってしまうと、持ち帰ってしまいたくなりますので、今回は心を整えて、やめておきました。

 

    内容がないのに、ここまで長々と記載しまして申し訳ございませんでした。

    長々と書いておいて、結局子ども達と採集に行くことができなかったら本当に申し訳ございません。

 

✳︎追記

   その後子ども達を連れて採集に行ったことについて記事にさせていただいております。

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

 

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。