JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

【祝200記事】ブログのことについて語るときにJBの語ること

    この記事では、当ブログ記事が200記事を数えたことにつきまして、一言ご挨拶させて頂きます。

f:id:jbwideandshallow:20190627164428p:image

はじめに

    当ブログは2017年末に開設しまして、ご覧頂いておりますとおり、細々とやってまいりました。

    この度ブログ記事が200記事を超えました。

    最初の記事を投稿してから564日での達成となります。

 

    はっきり申し上げて私のブログの記事がいくつになろうとも皆様にはどうでも良いことと存じます。

    しかしなんだか当ブログでは50記事毎にご挨拶するのが慣習的になってきてしまっておりまして、所感と感謝を一言だけ申し上げますので、お付き合い頂ければと思います。

    ご了承頂ければ幸いです。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

感謝申し上げます

    まず普段SNSや当ブログを通じまして絡んで頂いたり、ブログをお読みくださっている奇特な皆様に感謝申し上げます。

    本当にありがとうございます。

    毎回申し上げますが、私は身近に生き物飼育に力を入れていらっしゃる方がいないので、皆様との接点はクワガタ・カブトムシ飼育等自体のモチベーションになっています。

    今後ともよろしくお願いします。

最近すみません、でも…

    以前我が家でクワガタ・カブトムシを飼育することに関しまして終活に入る旨をお知らせさせて頂きました。

    まだ以前からの生体は飼育中でして、この終活入りから飼育自体を咎められたりすることもないのですが、逆に好転した要素も特に無いかなと思っています。

    そんな状況におきまして、以前から当ブログをお読みくださっているという特に奇特な方はお感じになられていると思うのですが、終活入りを切っ掛けに当ブログにおきまして『クワカブ飼育に関係のない記事』がかなり増えてきています。

 

    これはやはり現実としまして、『ペアリングしました!』とか『産卵セット組みました!』ということが無いわけですから、ある種のネタ切れとも言えます。

    しかし私としましては、ネタ切れ感も当然感じていなくもないわけですが、どちらかと申しますと、『終活入りを切っ掛けに(ブログ運営は)開き直って、ブログ記事にするジャンルを少しだけ広げた』というポジティブな感覚でいます。

    いや、いるようにしています。

    書こうと思えばいくらでも書くことがある気がしています。

 

    ブログタイトルからお察し頂けるかもしれませんが、私が元々ブログを開設した時は漠然と『広く自分の趣味、ライフスタイルについて書ければ』と考えておりましたので、ややそれに近付いた形になるかもしれません。

    ただし、私の趣味やライフスタイルなんて誰も興味がないことでありますし、何よりここまでブログを継続できたのは間違いなくクワガタ・カブトムシ飼育を中心としてのことですので、そこは(ブログの方向性として)見失わないようにしたいと思っています(見失いようがないですが)。

 

    何が言いたいのかよくわからなくなってしまいましたが、つまり『最近クワカブ以外の記事が増えてしまって申し訳ないのですが、こんなもんだと思ってご勘弁頂けるとありがたいです…』ということです。

やったこと、起こったことをありのまま綴るブログではあるが…

    私のブログはクワガタ・カブトムシ飼育に関することを中心にしているわけですが、極力『やったこと、起こったことをありのまま綴りたい』と思っています。

    つまり失敗してしまったり、上手くいかなかったことも含めて記事にしようと思っており、もちろん我が家で起こったこと全てを記事にしたわけではありませんが、実際ここまで概ね悪い結果なども含めて記事にしてきたと思います。

 

    とは言え、(まだ全然大した期間ではありませんが)それなりの期間ブログをやってきますと、私程度の者が例えば何か飼育状況やブリード状況なんかを“ありのまま”、しかもある種反復して記事にしても、どうなのかなぁとも思ってしまうわけです。

 

    そんな思いもあり、私のブリードに力になってくださったり、一緒に一喜一憂してくださったり、そうでなくとも「へぇ〜」とか「ふーん」と思って頂くだけでも本当にありがたいことだと思います。

 

    こちらの項目も何を書いてるか段々わからなくなってきたのですが、つまりは『私のようなごく小規模飼育者が何か記事にしても無価値に等しいんだけど、できるだけ実のある記事を作りたいと思っているのでご勘弁頂けるとありがたいです…』ということです。

いつまで続けることができるのか

    これは以前も書いたことがあるかもしれないのですが、複合的な要素からなることですのでなんとも言えません。

    仕事がもっともっと忙しくなったり、家庭のことが落ち着かなくなったり…当ブログは夜な夜なひっそりと書いているブログですので、何らかの理由で“夜な夜なひっそり”ができなくなれば、続けることができなくなります。

 

    何らかの理由で書けなくなるか、書くことがなくなるまで。

    それまでは続けたいと思っています。

今後の『JBのワイドアンドシャロー』について

    正直今回のように、自分が考えていることだったり、日記なんかならいくらでも記事が書けるかもしれません。

    でも私が有名ブロガーだったりインフルエンサーだったり著名人だったり、あるいは何か特異で有益なライフスタイルならそれでもいいのですが、当然ですが到底そんなレベルの人間でもブログでもないわけです。

 

    ですから何か記事にするにしても、何の裏付けもせずにただ適当なことを書くのではなく、少しでも良いのでその事柄をお調べして、少しは裏打ちのあることを書きたいと思っています。

    若干大袈裟な表現をお許し頂きますと、誰もそんなこと求めていなくても、そうしないと自分自身の気が済まないのです。

 

    一方で、小難しい思いは抜きにして、私自身にとっても当ブログは、自分が綴りたいことを自由に綴れる貴重な場所にもなっています。

    いつの間にかそうなっていました。

 

    「こいつ何言ってんの?」「結局何が書きたいの?」「こんなしょうもないことを何仰々しく書いてんの?」等とお思いになることが今までも、そしてこれからもあろうかと思います(今回記事もそうですね)。

    そこはもう、所詮『JBのワイドアンドシャロー』はJBの自由意志を語る場に過ぎないのだと、温かい目で見て頂ければ幸いです。

 

    そして肝心の、今後のクワカブ飼育ですが、せめて1種でもブリードを再開できないかと考えています。

    本命の国産オオクワガタか…現実的にパプキンやムシモンオオクワガタ等の小型種か…何か再開したいなとは思っているんです。

愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー)

愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー)

 

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。

フォローする