JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

パプキン♀の羽化について【パプキンブリード2019-腹が収まるか、それが問題だ】

    この記事では、我が家のパプキンことパプアキンイロクワガタの♀1頭が羽化したことについて記述させて頂きます。

f:id:jbwideandshallow:20190413034103p:image

はじめに

    まずはじめに、たかだかパプキンの♀1頭の羽化で記事にさせて頂くことについて謝罪させて頂きます。

    大変申し訳ございません。

 

    過去記事にも書かせて頂いたのですが、終活に入っている我が家におきまして、実はこの♀が数少ない生き残りになります。

    なんと2頭の内の1頭です。

 

    ですから、記事にしてしまうことをご了承頂ければ幸いです。

種親について

    なお種親については、以前『展翅標本』にしたことをご紹介させて頂いた、こちらのペアになります。

f:id:jbwideandshallow:20190410005923j:image

f:id:jbwideandshallow:20190413021815j:image

    標本になっているということは、すでに双方なくなってしまっており、もう2度と産卵セットを組むことはできない、背水の陣です。

これまでの飼育概況について

    ここまでの状況についてごく簡単に触れさせて頂きます。

・ 2018.11 産卵セット〜割り出し

・ 2018.12 菌糸ビン(900ml)投入

     採卵時15個の卵が幼虫5頭に

     多頭飼育開始

・ 2019.3 ♂(?)は菌糸カップ

    ♀は人工蛹室へ

羽化した♀の状況について

    今回羽化した♀についてですが、今回は先述のとおり多頭飼育をしておりましたところ、この個体だけはすでに蛹室らしきものを作っておりました。
f:id:jbwideandshallow:20190410005949j:image
f:id:jbwideandshallow:20190410005929j:image

    掘り出したところすでに前蛹に見えましたので、ショップタオルでの人工蛹室に移しておりました。
f:id:jbwideandshallow:20190410005957j:image

    すると翌日には蛹化しておりました。

    タイミングとすれば大変良くなかったですね。

    もっと早いか、蛹化して落ち着いてからの方が良かったのだろうと思います。
f:id:jbwideandshallow:20190410005932j:image

蛹化するも問題(?)が…

    蛹化してから20日くらいで「そろそろかな?」と気付きまして、その翌日には羽化が始まっておりました。
f:id:jbwideandshallow:20190410005919j:image

    私はやはり羽化の様子を見るのも好きですので、度々確認していたのですが、今回はやけに『腹部がなかなか収まらない』気がしました。

    そもそも羽化の序盤で様子を見た時、「お腹ってこんなに長いもんだっけ?」と思う状態でした。
f:id:jbwideandshallow:20190410005939j:image

    羽の方は特に問題なさそうです。
f:id:jbwideandshallow:20190410005936j:image

    でも羽が概ね固まってからも、お腹が収まらないのが気になります。

    羽化不全で、ちょっとお腹がはみ出す個体は目にしますが、なんだか特に出ている気がします。
f:id:jbwideandshallow:20190410005942j:image
f:id:jbwideandshallow:20190410005926j:image
f:id:jbwideandshallow:20190410010003j:image

    羽化が始まってから数日経過しましたが、やはり腹部がぽっこりしている感じがします。

    いずれにしましても、無事生育してくれることを祈ります。

f:id:jbwideandshallow:20190413023557j:image

    それにしても、体色の方は種親の♀と見事にそっくりになりました。

    体色はパープルで、頭部や裏側にブルーが入る感じです。

    ♂にこれほどのパープルのものは生まれないですよね。

    パープルに限らず、パプキンは♂と♀の色合いがまた違いますね。

    ニジイロクワガタなんかはそんなことは無いわけですが、でもそこもパプキンの面白いところでもありますね。

    ♀の方も飼育する楽しみがあるわけです。

ところで♂と思われる個体は…

    ♂と思われる個体の方は多頭飼育から菌糸カップに移したところ、暴れまくって未だ蛹化はしていません。
f:id:jbwideandshallow:20190410005945j:image

    どことなく前蛹に近付いてきている気がしなくもないですが、とにかく無事に羽化して欲しいですね。

    もし我が家において「パプキンのブリードくらい再開してよい」ということになりましたら、このペアが非常に重要になる可能性も潜んでいますから。

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。

フォローする