JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

オオクワガタ幼虫飼育-人工蛹室への移し替え

    この記事では、オオクワガタ幼虫飼育に関し、蛹を人工蛹室に移し替えたことについて記述させていただきます。

はじめに

    私は極小規模ですが、オオクワガタの幼虫飼育をしています。

    飼育に関する直近の過去記事はこちらになります。

 

jbwideandshallow.hatenablog.com

    又、先日専ら経験と観察のために、蛹を人工蛹室に移し替えようと思い、人工蛹室を先行して製作し記事にさせていただきました。

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

    今回はこちらの人工蛹室に蛹を移し替えたいと思います。

f:id:jbwideandshallow:20180504010146j:image

人工蛹室の準備

加水

    水分は、「表面を濡らす」「水に沈める」等、様々な教えを目にしたのですが、私は上から水を掛けて水分を含ませる程度にしました。

    15分程度放置して、水分が落ち着くのを待ちました。

蛹の掘り出し

    先日から様子を見ていますと、前蛹は無事蛹となり、落ち着いたようでした。

    我慢できずチラチラと菌糸ビンの様子を見ていましたが、残念ながら蛹化を観察することはできませんでした。

f:id:jbwideandshallow:20180504074022j:image

    中(下部)の状態がよろしくないのか、蛹室はかなり上の方にあります。

    菌糸の状態などは心配ですが、掘り出しは楽です。

能勢YG♂(最終体重22g)

    弱小ですが能勢YG血統の方です。

    無事蛹にはなっています。

    見えてきました。

f:id:jbwideandshallow:20180504074155j:image

    さらに掘ります。

f:id:jbwideandshallow:20180504074547j:image

    取り出して、せっかくなので一応体重も計測しておきます。

f:id:jbwideandshallow:20180504074629j:image

    やはり蛹体重も軽いです。

    それにしても、蛹が想像以上にくねくねと動き回ることに驚きました。

    すごいですが、早々に人工蛹室に移した方が良さそうです。

    人工蛹室に移し替えました。

f:id:jbwideandshallow:20180504075425j:image

    スポンジの横には、固定と、後の加水のためにコットンパフを入れてみました。

無血統♂(最終体重21g)

    こちらも菌糸ビン上部に蛹室を作っていましたので、掘り出しは楽です。

f:id:jbwideandshallow:20180504093722j:image

    掘ってみますと、一目見ましてこちらの蛹の方が大きいです。

    どんぐりの背比べですが、まさか逆転するとは思いませんでした。

    一応体重を計測しましたら18gでした。

f:id:jbwideandshallow:20180504105929j:image

    人工蛹室に移し替えます。

    思いの外ギリギリのサイズです。

f:id:jbwideandshallow:20180504115553j:image

    わずか3gの差でも、一回りとまではいいませんが結構違う気がします。

    人工蛹室をコンパクトにすれば簡易温室にもスペースができるし、観察しやすいしと思っていたのですが、ちょっと拡張を検討しなければならないと思います。

 

    それにしましても、とりあえず無事人工蛹室に移し替えできたことと、そもそも蛹化してくれたことがうれしいです。

    しかしながら、下記の疑問点というか、問題点もあります。

蛹に黒い斑点がある

    能勢YGの蛹に黒い斑点がいくつもあります。

    細かいものがいくつもと、やや大きいものが1つ2つあります。

f:id:jbwideandshallow:20180504140409j:image

    何かしら病気だろうと思い、調べてみるのですがイマイチわかりませんでした。

    蛹は今のところ元気そうですし、斑点が大きくなったりもしていません。

    このまま無事羽化までいってくれるなら別にいいのですが…

 

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。