JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

300円程度でクワガタキーホルダーを自作する【UVレジン使用】

    この記事では、クワガタキーホルダーを自作したことについて記述させていただきます。

はじめに

    この年末年始におきましても、例年通り何だかんだと浪費してしまいました。

    と言いましても、妻からここぞとばかりに買わされたものでしたり、子どもに買ってあげるものでしたり、お年玉だったり…要は自分のために購入した大口物品は特にありませんでした。

    かつては1月といえば初売りからのセールで、衣類等を見に行くのをとても楽しみにしていたものです。

    そんな中、唯一自分用に買ったと言えるのは一眼レフカメラが入るリュックでした。 

f:id:jbwideandshallow:20190112020454j:image
f:id:jbwideandshallow:20190112020457j:image

    Amazonで3,000円台で購入したのですが、このリュック、下段はカメラやレンズ等が入れられるクッションになっていて、上段は普通に物を入れて使えまして、パソコンを入れることもできます。

    しかし、このリュックも活躍の場は家族旅行や子どもの運動会などであり、純粋に自分のための買い物だったと言えるのかは疑問です。

キーホルダーを作るきっかけ

    さてキーホルダーなのですが、上記リュックを購入しまして、キーホルダーでも付けようかなと思った時に、ふと「カブトムシ・クワガタにまつわるキーホルダーを自作してしまおう!」と思いつきました。

    当初はプラ板で作ろうかと思い、少々買い揃えたのですが、途中で計画変更しまして、「UVレジン」を使用したものにすることにしました。

    理由としましては、私自身特に絵の心得があるわけでないので、プラ板の出来が不安だったことと、もう1点は素材をレジンで固める作業の方が楽だと思ったからです。

    やはり簡単に作ろうと思っています。

    このような物も初めて作りますので、お見苦しいとは思いますがご了承いただければ幸いです。

    もし正しい製作過程をお知りになりたい方は是非そういったことをご紹介なさっているブログ等をご覧いただきたいと思います。

    なお、プラ板は今後もし気が向いたらやってみます。

今回のキーホルダーについて

    とりあえず100均で購入した、

・ UVレジン

・ キーホルダーの土台

これに素材さえあればすぐにできます。

    又、素材も今回はプリントアウトしたものをくり抜いていまして時間がかかったのですが、こういった作業が必要ないもの(例えばステッカー)だと、本当に即できてしまうと思います。

    今回もそういう簡素なものだということでご了承ください。

UVレジンとは

    紫外線で硬化する樹脂のことです。

    ドロドロの液体ですが、太陽光やブラックライトを浴びることで固まります。

f:id:jbwideandshallow:20190112021735j:image

用意したもの

    いずれも100均で用意したものです。

    なお、当記事のタイトルを「300円程度」とさせていただいたのは、その程度でできますが、それに加え例えば素材にお金をかける等すると当然ですが費用が増すという意味になります。

UVレジン

    上記写真のものです。

土台

f:id:jbwideandshallow:20190112022408j:image

    亜鉛製のものです。

    結構小さいですが、大きい物を作ってもまったく使用しない気がしますのでいいと思います。

素材

    レジンの中に入れる素材です。

    絵の心得がある方は自由自在で羨ましいです。

    今回私はプリントアウトしたものを使用します。

UVライト

    これも100均で購入しました。

    ネイルをされている方が使用されている立派なUVランプから見たら全く信用できませんが、使ってみます。

f:id:jbwideandshallow:20190112095440j:image

キーホルダーを自作してみる

    土台に置く素材をそれぞれカットします。

    今回はオオクワガタの標本箱をイメージしたキーホルダーにしてみます。

    オオクワガタの素材は皆様ならお分かりになられてしまう画像を使いました。

    プリントアウトしたものをデザインナイフでくり抜きます。

f:id:jbwideandshallow:20190112085835j:image

    雑ですが、クオリティを求めていくと「簡単に作る」という趣旨に反するのでこんなものにさせていただきます。

f:id:jbwideandshallow:20190112090339j:image

    背景は以前インターメディアツヤクワガタの標本製作の背景に使用して余った紙を切り取って使います。

f:id:jbwideandshallow:20190112093409j:image

    先に少しレジンを入れます。

    これをしないとどうしても素材の下に空気が入ってしまい、気泡を抜き切れないのではないかと思います。

f:id:jbwideandshallow:20190112095840j:image

    レジンの上に素材を置いてさらに上から入れていきます。
f:id:jbwideandshallow:20190112095837j:image

    気泡が入ったら(多分絶対入る)爪楊枝やピンセットで抜きます。

    ぷっくり厚みがある感じにしたければ表面張力でうまく入れれば可能です。
f:id:jbwideandshallow:20190112095844j:image

    そしてレジンの硬化ですが、太陽光やブラックライトで可能ですが、今回、作業日翌日の天気がたまたま良かったので、2個同じ物を製作して両方試してみました。
f:id:jbwideandshallow:20190112095834j:image

    この100均のブラックライトですが、全然固まらないのかと思ったら、思いの外すぐに固まって、固まらないつもりでライトを当てていたので逆に失敗してしまいました。

    左が太陽光、右がUVライトです。
f:id:jbwideandshallow:20190112095847j:image

    太陽光の方は窓際に1日放置していました。

    ぱっと見こちらの方が綺麗ですが、こちらにも気泡があります。

    おそらく紙の下に潜んでいたものと思います。

    さすがに一発で満足いく物は作れませんでした。

    当たり前ですよね。

そして完成へ…

    100均レジンだけなのか、レジンは比較的そうなのかわかりませんが、表面は結構ベタついています。

    それもありますし、見栄えも少しは良くなるかと思い、ネイル用のトップコートを塗りました。

    そしてチェーンを付けて完成です。

f:id:jbwideandshallow:20190112095952j:image

    ティファニー風に撮ります。
f:id:jbwideandshallow:20190112095949j:image

 

    ということで、今回もくだらない工作にお付き合いいただきましてありがとうございました。

    今はまだ製作した喜びでそれなりの物ができた気分になっていますが、冷静になったらわかりません。

    ですが、材料も余っているのでもう何個かは作ってはみたいなと思っていますし、やはりあと何個か作れば技術も上達する気がします。

    あくまで気が向いたら、また別の物を作ってみようと思います。

別の物も作ってみた(※追記)

    気が向いたので作ってみました。

f:id:jbwideandshallow:20190115011610j:image

    ゾウカブト、ヘラクレス、エラフスホソアカです。

    珍しく天気が良かったので、UVレジンを注入し窓際に1日放置して硬化しました。

    なぜかヘラクレスよりゾウカブトが好きな息子にあげようと思います。

 

 

フォローする

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。