JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

簡易温室3-その2

この記事ではオオクワガタ幼虫飼育に関し、簡易温室について記述させていただきます。

 

こちらからの続きになります。

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

作成-その2

・ 発砲スチロールをカットして外側に貼り付ける

f:id:jbwideandshallow:20171212003439j:plain

   アルミシートの上からさらに発砲スチロールを貼り付けます。

f:id:jbwideandshallow:20171212003600j:plain

  このような感じです。

  接着はまた両面テープとアルミテープを使っています。

・ リメイクシートの貼り付け

    発砲スチロールの上からリメイクシートを貼り付けます。

   このリメイクシートの粘着力が非常に弱かったので、こちらも両面テープで貼り付けています。

f:id:jbwideandshallow:20171212003715j:plain

  このような感じです。

・ 上蓋の作成

    上蓋も発砲スチロールを繋ぎ合わせてリメイクシートで覆い作成しました。

    発砲スチロール自体は木工用ボンドと両面テープで接着しています。

f:id:jbwideandshallow:20171212003809j:plain

・ コンセント穴の作成

    ご説明するまでもございませんが、もともとダンボール箱に空いていた穴を使っています。

    空気穴も兼ねています。

    穴1個では空気が通らなさそうですが、これで問題ないようです。

・ ヒーターと焼き網の設置

 マルチパネルヒーターと、その上に焼き網を設置しました。

f:id:jbwideandshallow:20171212004602j:plain

 

簡易温室3号機完成

 完成しました。

f:id:jbwideandshallow:20171212003919j:plain

 上蓋を置いてみると、予想はしていましたが上蓋が軽すぎて閉まりきりませんでした…。

 木板で作り直したり、内径に合わせて作り直そうかとも思ったのですが、重石を置くことでとりあえず良しとしました。

 ちなみに重石もダイソーで購入した、ストーンプレートです。

 アウトドアやキャンプで使ったりするお皿的なものです。

 

使用感

f:id:jbwideandshallow:20171212004253j:plain

 今回使用した箱ではサイズ的に800、1100の菌糸ビンですと6本で限界かと思います。

 1400の物があれば、言うまでもなく本数的なキャパはさらに少なくなると思います。

 保温力としては、おそらく発砲スチロール箱とさほど変わりないレベルは維持できていると思いますが、やはり外気の影響はあります。

 つまり寒い日は温室内も若干温度が下がっている時があります。

 本来サーモスタットを用いて管理すれば容易に解決するかと思いますが、私ではまだ導入できていません。

 とはいえ、今回この簡易温室3号機では

  ・ 必要最低限のサイズ

  ・ 外観的に多少マシ

ということを目標にしていましたので、これはこれでとりあえず納得しています。

 今後拡張の必要があれば、パネルヒーターも1つしかありませんし、おなじダンボール箱を使って上に伸ばすしかないかと思っています。

 ただ久しぶりに工作みたいなことをして楽しかったので、こういったこともクワガタ飼育の面白さの1つなのかなと感じました。

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。