JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

2017年を振り返って〜来年の目標

    今年も残すところあとわずかとなりました。

    2017年を振り返り、来年の目標について記述させていただきたいと思います。

ごあいさつ

    当ブログは、

・普段カブクワ飼育について語る相手が周りにほとんどいないこと
・共通の趣味の方と繋がるきっかけにしたいこと
・自分の備忘(記録)のため
・万一私レベルの小規模な飼育者様がいらっしゃったら、もしかしたら参考にしていただくため

等の理由から開設させていただきました。
    開設したばかりの中身のない拙いブログでも、読んでくださる方もいらっしゃって、本当にありがたく思います。


    又、いいね👍やコメントくださって絡んでくださる皆様、本当に感謝しています。


    また皆様の投稿等を参考に勉強させていただきまして、私の浅く広く、何をやっても浅い趣味の中で、クワガタ飼育を堂々と自分の趣味だと言えるようにしていければと思います。

  

2017年を振り返って

    今年は久々にクワガタ飼育を行いまして、歳を重ねるにつれて昆虫好きどころか昆虫が苦手になっていた私が、むしろ魅力を感じることができました。

 

    又、飼育方法を始めとしていろいろと調べる中で、ブログ、InstagramTwitter等を通じて非常に広い、開かれた世界であることを知ることができました。

 

    私は家族の協力も特に得られていませんし、自宅内の限られたスペースで極小規模な飼育しかできないのですが、今年はオオクワガタ飼育を始めとしたクワガタの世界の魅力を知ることができたのが何より大きかったと思います。

f:id:jbwideandshallow:20171230192436j:image

来年の目標

幼虫を無事に羽化させたい

    まず1点目ですが現在飼育している幼虫の健全な羽化が目標に挙げられます。

    極小規模な飼育環境でして、過去に何度か記事にさせていただいています。

    段ボールと発泡スチロールで作った超簡易温室で、マルチパネルヒーター のみで一応温度管理しておりました。

f:id:jbwideandshallow:20171231004444j:image 

    又、一応期待の幼虫としましては、オクで購入した能勢YG血統の幼虫がおります。

    先にあるとおり第1目標は健全な羽化でして、皆極力完品に近い形で羽化してくれれば言うことはありません。

 

    しかし、菌糸ビン飼育且つ曲がりなりにも温度管理している身ですから、サイズに関しまして一応目標を設定するならば、75mm upもしてくれれば満足です。

 

初ブリードに挑戦したい

    先日記事にさせていただいたのですが、現在越冬体制をとっている成虫がおりまして、こちらも能勢YG血統になります。

f:id:jbwideandshallow:20171231004608j:image 

    まず越冬させている成虫の安全が第一です。

    そして、具体的スケジュールはまだ計画していないのですが、越冬した先でブリードに挑戦してみたいと思います。

    ブリードさせたところで飼育環境は今年から劇的に変わることもないでしょうから、飼育できる数はたかが知れていると思いますが、やはりオオクワガタを飼育するからにはブリードに挑戦してみたいと考えています。

    私ごときのところにせっかく名血統がいるのですから、尚更です。

 

飼育種の増加

    これはあくまで単なる希望になってしまうのかもしれませんが、飼育する種類を増やしてみたいと考えています。

  「オオクワガタもまともに飼育したこともないくせに」、という話なわけですが、識見や楽しみを増やすために何か1つでもいいので増やしてみたいです。

 

【ニジイロクワガタ】

    候補としましては、かつて実物を見る機会があってその色に驚いた「ニジイロクワガタ」がまず挙げられます。

    調べる限り、他の外国産クワガタより飼育も比較的容易そうですし、入手も容易ですので、現実味はあります。

 

パプアキンイロクワガタ

    次にパプキンこと「パプアキンイロクワガタ」です。

    パプキンもまずその色が美しいですし、小型のため飼育スペースを取らないことも我が家では魅力です。

    又、小型で美しいところが家族ウケも良さそうな気がしないでもありません。

 

【タランドゥスオオツヤクワガタ】

    挙げていくとキリがないので最後にしますと、「タランドゥスオオツヤクワガタ」です。

    これはかつて図鑑でみた時に、こんなクワガタがいるのかと、ニジイロ等の美しさとは違いその格好良さに惹かれました。

    いまや入手も困難ではありませんので、できればチャレンジしてみたいです。

 

最後に 

    繰り返しになりますが、これを読んでくださっている方、本当に感謝しています。

    来年も皆様のブリード、飼育に幸多きことを祈念しております。

    来年もよろしくお願い申し上げます。

    良い年をお迎えください!