JB の ワイドアンドシャロー

JB の ワイドアンドシャロー

クワガタ飼育初心者が極めて小規模なクワガタ飼育を真面目に考えるブログです

MENU

【訃報】パプアキンイロクワガタ♂の死去について

    この記事では、パプキンことパプアキンイロクワガタ♂1頭が死去したことについて記述させていただきます。

f:id:jbwideandshallow:20180502093308j:image

f:id:jbwideandshallow:20180501185258j:image

はじめに

    我が家ではパプキン成虫を1ペアだけ飼育しておりました。

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

    購入時のデータでは2017年11月羽化ということで、おそらく寿命が近付いているところではありました。

    そんな中、メスの元気がなくなってきたなと感じてSNSでも上げさせていただきました。

 

    しかし、先に☆になったのは意外にも♂の方でした。

    この個体についても、それまで特に気になることはなかったのですが、ある日急に動きが鈍くなり、それから1〜2日で☆になったという感じでした。

飼育個体について

    いわゆる特殊系とかマジョーラカラー等と呼ばれるそうですが、この個体についてはベースがグリーンの身体に、パープルが混ざっているという感じの体色です。

f:id:jbwideandshallow:20180429185217j:image

    角度によっては全身がパープルに見えるので不思議でした。

f:id:jbwideandshallow:20180501135906j:image

子孫を飼育中

    1ペアで購入し、ブルーというかネイビーっぽい♀1頭がおりましたので、ペアリングをすることができました。

jbwideandshallow.hatenablog.com

 

    この後、産卵セットでの産卵を進めまして、幸い現在子孫の幼虫を飼育中です。

jbwideandshallow.hatenablog.com

jbwideandshallow.hatenablog.com

jbwideandshallow.hatenablog.com

すでに標本製作へ

    こちらも死後間もなく把握できたということで、展足作業までしてしまい、乾燥中となります。

f:id:jbwideandshallow:20180501162544j:image

    こちらもまた今後ご紹介できればと思っております。

 

    まだ♀の方は意外にも生存しています。

    産卵も経ていますので、多分♀の方が先に落ちるだろうと勝手に思っていたのですが、♀は強いです。

    子孫も概ね元気なようですので、大切に飼育したいと思います。

    この1ペアのお陰でペアリング〜産卵を経験することもできましたし、パプキンをブリードして体色を楽しむ楽しみ方も味わうことができそうです。

    この個体に関しましても、標本にする形で弔おうと思います。

 

 

※内容はあくまでJBの主観になりますのでご了承いただければ幸いです。